働きながら、次のステージにむけて動いていこう

女性たちのジョブチェンジ

しっかり労働したいあなたへ

介護に携わる仕事はいくつか種類がありますが、とっかかりとしては介護職員初任者研修にいくことをおすすめします。初心者がうけて得る資格の中ではハードルは低いです。
昔はホームヘルパー2級といわれていた資格ですが、これはまずとっておいたほうがよいかと思います。全くの無資格だと今の世の中では働き続けることは厳しいです。特に身体介護といわれる仕事内容はこれをとっておかないと、やってはいけないことになっております。経験年数を積んでいき、介護福祉士、認定介護福祉士を取得していくと、キャリアアップし、資格手当や昇給につなげていくとよいかと思います。通信教育や、専門学校などの講習に通われる方もいるかと思います。施設によっては資格取得にむけての講習をやってくれるところや学費や受験費用を支援してくれたりするところもありますので職場選びの際は、吟味しておかれるとよろしいかと思います。

介護分野でキャリアアップ

ヘルパーとして数年働くと、仕事の面白さや辛さ、体への支障も感じてくる頃合いかと思います。
介護職は、腰痛との闘いです。若いスタッフさんも、コルセットをまいて仕事をしている現場が多いです。
最悪の場合はヘルパーの仕事を辞めなくてはならなくなりますので、つぶしがきくよう介護支援専門員、つまりケアマネの資格などもとっておかれるとよいかと思います。事務仕事となりますので、体は圧倒的に楽になります。またヘルパー経験を活かして働くことが出来、昇給も大いに期待できます。
ケアマネージャーは、主に介護保険利用者がいる在宅の分野ではなくてはならない存在です。ヘルパーさんと、利用者さんと、家族と医療者と施設をつなぐいわば連絡調整相談役です。
福祉用具の相談や、住宅改修、リハビリ内容の調整など、ほぼ無限大に仕事はありますが、大変な分、非常にやりがいがありかつ感謝される大事なお仕事です。


この記事をシェアする